診療科目・部門

地域連携室

診療科目・部門一覧ページへ

地域連携室は、医師、看護師、医療ソーシャルワーカーの他職種で
構成し運営しております。

室長 / 水流添 周
看護師 / 金丸 淸美
医療相談員 / 秋浦 文香、藤中 詩織、園田 基晴

活動内容としては、その名の通り、地域との連携を行っており、基幹病院、地域のクリニック、介護施設等との橋渡しを担っています。室長である水流添医師は訪問診療等の在宅医療にも力を入れ、患者様が安心して在宅でお過ごし頂けるよう努めています。

写真:武蔵ヶ丘病院 地域連携室

地域連携室の活動

入院相談

副室長の金丸を中心に他施設からのご紹介、入院のご相談をお受けしています。
患者様の状態を伺い当院のどの病棟にご案内したら良いかを考慮し、迅速に対応できるよう心掛けています。

当院の入院案内はこちらからご覧ください

退院支援

患者様、そのご家族が少しでも安心して退院いただけるよう、医療ソーシャルワーカーがご相談に対応しています。でき得る限り、住み慣れた地域で生活できるよう、またその生活の継続的支援ができるよう社会資源の紹介や事業所との協力、連携をはかります。

トータルサポートセンター長 兼 副室長 金丸 淸美

皆様のおかげで、日々当院に数多くの入院相談をお受けしております。
その中には、「リハビリや治療継続の相談」から「どこの病院や施設が良いのか…」といった相談、
「大きな病院で治療していたが歳をとり、通院が困難なので病院を変更したい。」
「長期の入院を希望している。」「癌などの治療が終わり在宅での生活を自宅で過ごしたい。」等々、
多岐にわたります。その際、連絡先と密に情報交換を行いながら、なるべくご家族の負担軽減と本人の環境の変化を少なくするように努め、当院のみでなく、ご本人のニーズに合った施設を幅広くアドバイスしています。

急性期病院からの入院ご依頼はなるべく、1週間以内のスピーディな受け入れを行うと同時に、急性期病院の在宅復帰率を考慮し、可能な限り回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟で受け入れるようにしております。また、入院相談時より退院に向けた密な情報収集に努めており、個々にあった生活の場やサービス提供に結びつける退院支援を行う事で最後まで地域で生活することをモットーに、地域包括ケアに微力ながら、貢献していきたいと思っております。

その他 医療福祉相談

  1. 1 介護保険、障害者手帳について知りたい
  2. 2 自宅での生活、介護に不安がある
  3. 3 病気や治療に対して不安がある
  4. 4 治療費や生活費に困っているなど、様々な心配ごとがありましたら、医療ソーシャルワーカーへお気軽にご相談ください。

地域連携室へのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
TEL/096-339-1161(内線422) FAX/096-339-1169(地域連携室直通FAX)
平日(土曜日は応相談)午前8:30〜午後5:30

地域連携のスキーム

地域連携のスキーム

連携病院

  • 熊本赤十字病院
  • 独立行政法人国立病院機構 
    熊本再春荘病院
  • 国立病院機構 熊本医療センター
  • 社会福祉法人 恩賜財団 
    済生会熊本病院
  • 熊本市立 熊本市民病院
  • 国家公務員共済組合連合会 
    熊本中央病院
  • 一般社団法人 熊本市医師会 
    熊本地域医療センター 等

順不同

部門一覧

看護師採用サイト 医療法人田中会 武蔵ヶ丘病院
武蔵だより
患者の皆様やご家族の方々、そして地域の人たちと武蔵ヶ丘病院とを結ぶ「コミュニケーション」の場として発刊しております。是非ご覧ください。
当院敷地内全面禁煙です
医療法人田中会

ページ上部へ

ページ上部へ