診療科目・部門

看護部長より皆様へ

診療科目・部門一覧ページへ

写真:武蔵ヶ丘病院 看護部長 蒔平 悦子

当院は2015年12月7日に新築移転致しました。
新病院となり、地域における武蔵ヶ丘病院の役割も、徐々に変化してきています。
入院患者様を受け入れるベッド数が133床から145床へ増床となり、一日の外来患者様においても200人を超えて来院されています。救急車の受け入れ台数においては、昨年の2倍を超えるようになりました。診療体制においては、外科医師が、増えたことで腹腔鏡下での手術ができるようになりました。このように病院の体制が変わる中で、当院の看護師は、救急外来や手術室、一般病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟で働いています。

新病院になってから1年間で看護スタッフの平均年齢が35歳へと若返りました。
そんな中で、看護部みんなで「看護の質の向上」を目指し日々精進しております。
2017年4月からは、看護学校を卒業したばかりの新人看護師8名を迎え入れる予定です。
新人教育体制を整備し、働き続けられる職場環境作りに力を入れたいと考えています。
看護部職員の一人ひとりが心身ともに健康な状態で、やりがいをもって働いてくれることが、一番の患者サービスの向上にもつながるものと思っております。

一人でも多くの患者様に「武蔵ヶ丘病院に来院して良かった」と思っていただける病院・看護部にするために、看護スタッフ一人ひとりの力で精一杯支援していきたいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

部門一覧

看護師採用サイト 医療法人田中会 武蔵ヶ丘病院

武蔵だより

リハ部求人専用サイト

当院敷地内全面禁煙です
医療法人田中会

ページ上部へ

ページ上部へ